新刊情報


『先生、大事なものが盗まれました』
  (講談社タイガ 690円税別)
 探偵高校と怪盗高校と灯台守高校。
 三つ巴の島で起こる不思議な事件。
  盗まれたものを取り戻す物語。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧切草

先週の『ファミ通』にインタビュー記事が載りました。
中身は「霧切草」について。

今月発売のアニメ『ダンガンロンパ3』のブルーレイボックスに、
おまけとして『霧切草』というPCゲームが付属します。
そのシナリオを僕が書きました。
伝説のスーパーファミコンソフト『弟切草』をオマージュした
サウンドノベルになっています。
おそらくは誰かが思いついたダジャレからスタートした企画ですが、
僕を含めスタッフさんの全力が注がれた結果、
かなり本格的なサウンドノベルになりました。
おまけといっても、本一冊分くらいは分量があるので、
それなりにやりごたえはあると思います。

思い返せば、サウンドノベルというまったく新しいジャンルのゲームが
出るのを知ったのも『ファミ(コン)通(信)』でした。
25年くらい前の話です。
サウンドノベルは、そのあと第二弾として登場した『かまいたちの夜』により
ひとつのジャンルとして確固としたものとなりました。
この世に登場したノベルゲームはたくさんありますが、
それらの源流に『弟切草』があるといえます。
つまり何が言いたいのかというと、
そんな記念碑的な作品をアレして『ファミ通』に載るなんて、
どうかしてるぜ!

『弟切草』の思い出を語り始めたらきりがない……
好きすぎて自分の手で漫画化したことも、そういうえばありました。
いわゆる黒歴史ノート的なやつ。
漫画の心得なんて当然ないので、最後まで書けませんでしたけど。
『かまいたち』のサントラやドラマCDを買ったりしたもんです。

あるゲームを好きになって、サントラを買ったり、
ノベライズに手を出したりする気持ち、すごくわかります。
僕は今、なんやかんやで『ダンガンロンパ』の
スピンオフを書かせてもらっているわけですけど、
届ける相手は、あの頃の僕に似た「気持ち」を持ってる人たちだということを、
心がけるようにしています。
今回の『霧切草』も、そういうものになっていればいいのですが。

ところで『かまいたちの夜』のリメイク作品が出るらしいですね。
全然知りませんでした……
背景の写真も新しく撮り直しているっぽい?

ちなみに『弟切草』も『かまいたちの夜』も、
wiiのバーチャルコンソールでプレイできます。
PSネットワークにも、PS版『弟切草』『かまいたちの夜』があります。
PS版はSFC版と比べるとかなりグラフィックが綺麗になっていて、
ホラーな雰囲気がよく出ています。

この前中古ソフト屋さんで『かまいたち』の比較的綺麗なSFC版の
パッケージ品を見つけたので買っておきました。
こうなると『弟切草』も揃えたくなりますね。

ところでミニファミコンを当日買いに行ったら売り切れでした。
うかつだった……予約しておけばよかった。

PREV | TOP | NEXT





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。